読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わがはじ!

めんどいオタクのブログ。

「クソリプ」に見る人間の可能性について

晩春も過ぎ、初夏の気候が続く今日この頃。そういや片頭痛に襲われる日も増え、そうなると梅雨が近づいてきた証拠である。そんな湿っぽい季節を前にまたもや根暗な考え事を懇々と書き溜めていく。 ・「クソリプ」(を眺めるの)が好きだ。 「クソリプ」とは…

現代の「~ハラスメント」依存について思う事

NHKニュースサイト http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170515/k10010981921000.html より ・「~ハラスメント」いくつ知ってる? ということで、今日ニュースを見ていたら「SOGIハラ」なる言葉を耳にした。上の画像を見ればそのままなのだけども、最…

新しいモノに惑わされそうになったら過去を見る

ゴールデンウィークも終わり。社会人たちの断末魔が聞こえる日曜の夜いかがお過ごしだろうか。僕もそんな例に漏れることなく、多分いつも通りの勤務のはずなのに、異常なまでの絶望感に駆られている。とりあえず皆、死なないようほどほどに頑張りましょう。 …

林原めぐみによる岡崎律子トリビュートアルバム『with you』を聴いて

世間もすっかりGW。この頃になると海の話題も聞こえてくるが、まだ春の陽気を迎えた気分。もう少しだけほんわかした天候を楽しみたいと思ってしまうような気候が続いている。 今年の5月5日、アニメ作曲家として知られた岡崎律子氏が敗血症ショックによって…

根暗オタクがランニングをした方がいい3つの理由

いよいよ世間はGW。日々様々なイベントが開催されており、オタクたちは一体いつからこんなにアウトドアになったのかと思うほど、各地へ活発に外出しているようで。その様子をぼんやりとSNSで眺めている。なんだこいつら楽しそう羨ましい。僕はといえば…

今ビートルズという存在を考える

2002年、ポール来日時の『レコードコレクターズ』久々に読み込んでしまった ・チャートの価値が薄い時代で ポールマッカートニー御年74歳が現在来日中である。今週火曜日に行われた武道館ライブを皮切りに東京ドームで数回ライブをやって帰るとのこと。いや…

ゆるやかな全体主義社会の中で~城山三郎没後10年に想うこと~

日本人で一番好きな作家は誰か。そう問われたら僕は確実に城山三郎と答える。 氏が亡くなったのは2007年。気づけば10年が経過してしまった。代表作を挙げるならば唯一文官でA級戦犯となった広田弘毅を取り上げた『落日燃ゆ』、金輸出解禁に奮闘をした浜口雄…

桜が散る季節の考え事

今年も早いもので桜が散る季節となってしまった。年が明けたと思ったらもう4月も中ごろ。今日は東京でも25度を超え、夏日とのこと。わかっていてもこの寒暖の差には身体もなかなかついていかず。疲れやすい日が続いている。 そんな後ろ向きな話はさておい…

豊洲市場問題の「安心と安全の違い」から考える僕らが望んでいるモノ

©小学館 日本橋ヨヲコ『少女ファイト①』 豊洲市場問題である。都議会の百条委員会において、先月19日いよいよ元都知事の石原氏まで召喚しての質疑が行われた。今日に至るまで、こうした経緯を経ながら小池知事から現築地市場を改修するという案まで再燃して…

批評と意図についての話

©2017 ひるね姫製作委員会 出展・ワーナー公式サイトより https://warnerbros.co.jp/movies/detail.php?title_id=51422 季節の変わり目ということもあって、なんだか意味もなくイライラしている。あまりストレスをため込むのも健康に良くないとは思いつつ、…

「その映画面白い?」に対する正しい答えがわからない

今日は「人によって面白いと思う作品って違うよね」っていう当たり前のことをうだうだ考え始めてしまったので、それについてのぼやきです。 ・「俺がその映画面白くないと思っているのは、俺に映画を見る素養がないから」 最近映画を見る本数が増えてきた。…

FGOが僕に思い出させてくれたこと

あんだけ「おい、Fateばっかりにかまけやがって!お前らに課せられた本当のグランドオーダーは月姫リメイクの完成だろ!!」とか延々悪態ついていた僕も気づけば人理修復完了。いやぁ、ほんとごめんなさい。アメリカ編以降「バカ・・・最高かよ・・・」とい…

今朝、夢で見た話。

季節も変わり目。しばらく、色んなエネルギーが枯渇していて何もしたくなくなっていた。それでも、今日キングスーパーライブに行ったこと、FGOをようやくクリアしたこと、結構書きたいことが徐々にたまってきた気がする。 ただ、ちょっと今回は今朝見た夢…

休まない兎としぶとい亀

ふとこんなツイートを眺めていて思った事をば。つらつらと。 TAKUMI™画集発売中 on Twitter: "プロになれるかどうかは別としても、必死に努力しても上達しない人はしないし、何の苦もなく人より上手くできる人はどの業界にもいる。それが才能。「努力すれば…

ふと自らの同人活動を客観視して

撮影:林先生 半身のおっさん:僕 前々からここでも書いていた通り去る2月12日。コミティアにサークル参加してきた。遊びに来てくださった方々、本当にありがとうございました。 あまりに売れなかった前回コミティアに対してリベンジを掲げた今回。幣サーク…

今週末、コミティアでリベンジです。

ということで、読んで字のごとく。なぜリベンジなのかは後述するが、今回は今週末の2月12日(日)に開催されるコミティア119にサークル参加するよというお知らせと、ちょっとしたお話。 コミティアと言えば、創作ジャンルオンリーの同人誌即売会。同人…

『この世界の片隅に』に感動する理由を考える

画像元サイト 片渕須直監督による『この世界の片隅に』(原作:こうの史代)のアニメ映画化を応援 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ) 見終わった際、なんで自分が泣いているのか分からなかった。 ようやっと見に行けた。思い返せば「年内には…

善意におぼれて窒息す

天気が晴れない。そうすると当然気分も晴れない。ふさぎ込みがちになるこんな日なので、相も変わらず暗い事を考えてしまった。 ・LINEのグループチャットが苦手 である。この見出しだと語弊を招くかもしれないが、それはSkypeでもメッセンジャーでも一緒…

『映像研には手をだすな!』は漫画界の『メリー・ポピンズ』のよう

各種ネット媒体でもかなり話題となっている『映像研には手を出すな!』 発売当初amazonでは品切れになる事態も。単行本発売からしばらく時間が経ってしまったわけだが、僕自身も購入、読了から1週間と少し。いや、買って即読んだのでもっと早く感想文的なモ…

「嫌なヤツ」から逃げないこと

日曜も惰性のうちに過ぎ、一年のうちの22/365が終わろうとしている。こう書くと結構もう残りも少ない気がしてくるから不思議である。「365」がFGOのボス鯖のHPと仮定するなら「22」ダメージはそれなりに削っている感もある。 そんな中、ようやく今年1…

「格差社会」だから何なんだ

僕、結構こう見えて真面目なので、そんなことについて考え事をしたりする。 www3.nhk.or.jp ・格差は続くよどこまでも 上記のNHKニュース。なんだか、数字だけ見てると小学校高学年の算数の問題に出そうである。 「たかし君たち上位高所得者8人は貧民層…

上坂すみれファンになってみたら、声豚としての眠っていた何かが蘇ってる話

昨年12/23(祝)の上坂すみれ両国国技館ライブに3色のサイリウムを持っていき「ほら、ロシア色wwwフランスじゃねえしwww」とか言ってはしゃいでる筆者。本題は徐々にズレていくので、どこまで読むかは各個人見極めてください。 ・上坂すみれのファン…

ハンドルネームと本名の間で生きる事

今回はおさんぽみるく氏のこのエントリーについて考え事。思わず「分かる・・・」とかキャラでもなくとても共感してしまった為、ついでに自分の身の上話でもしてしまおうと思った所存である。 www.blog.milkwalkee.net 自分語りぽくなってるので、まぁそうい…

『傷物語<ⅲ冷血篇>』もやっぱり堀江由衣ファンの為の「豚物語」だった話

(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト この1月6日(金)から全国的に封切となった『傷物語』の劇場版三部作目『冷血篇』。早速だが、またもやTOHOシネマズ日本橋にて鑑賞してきた。昨年1月、公開当初は「完結まで1年がかりかよ・・・待て…

 『なないちゃんとあそぼ!』初めてのアダルトVR体験

某太鼓キャラクターのぬいぐるみを消したくてモザイクを使った結果、余計にいかがわしい状況となってしまった図 ・『なないちゃんとあそぼ!』の衝撃 ということでタイトルの如くである。新年の仕事始めとなった1月5日。休みボケで全く働かない頭を無理や…

コミケと大人と人生と

とりあえずは2016年も終わり、全国的に2017年を迎えているようで。どこもかしこも謹賀新年、当然ながらコミックマーケット91も大晦日に閉幕した。某所では委託販売を称して4日目、5日目なんて言葉もあるけれども、とにもかくにも弊サークルも参加させてい…

自分の事はクソだと思っても、周りよかマシだと思ってる

12/28、弊社は今記事を書いている今日で仕事が納まった。大方の社会人の皆様も今日か明日で年内の業務は終了するだろう。まぁ、いろんな職種の人がいるので一概には言えないのだが、ある程度の年末挨拶等も終え、いよいよ年越しを迎える、という感を受ける。…

コミックマーケット91告知もろもろ

正直こんな告知の話なんかより、すみぺの話を延々続けたいのだけど、同人誌を売ってお金が欲しいこの年の瀬!!欲求には素直に!!ということで参加詳細は下記の通り。 サークル:わがはじ! スペース:12/31(土)3日目 東W-11a C91新刊:「3K歌集」 …

ファン歴23日の僕が「上坂すみれの独り相撲2016~サイケデリック巡業~」に行ってきた話

革命的ブロードウェイ主義者同盟の襲来に暗雲立ち込める両国国技館(2016/12/23) とうとう2016年も最終盤。そしていよいよ性の72時間ことこの3連休である。世のカップルたちの為にこうした日取りになったとも思える週末、パートナーがいないものにとっては…

性的マイノリティという言葉の曖昧さ~LGBTPZNという概念から~

今年も例年通り終わろうとしている。ちょっとこの前気になる単語と出会ったので、こりもせずそれについての考えをとり纏めていく。 ・「LGBTPZN」って知ってた? 先日ネットで見たこの文字列。頭の「LGBT」と言えば、これまでこのブログでもちょっとずつ触れ…

この12月から上坂すみれのファンになってみた話

lineblog.me 今回の話は読んで字のごとくである。 上坂すみれとは言うまでもなく今をときめくアイドル声優の筆頭であり、お嬢様かつ上智大・ロシア語専攻卒というそのちょっと飛び出た遍歴から2011年のデビュー以来注目を浴び、現在も人気声優として活躍。声…

キュレーションサイト問題から見る「僕らが何を信じるか」という話

最近何かと話題のキュレーションサイト。そんな話が引っかかってしまったもので滾々と考え事を吐き出していきたい。 diamond.jp 今回の騒動、大枠の理解としてダイヤモンドオンラインさんの記事が非常に初歩かつ明確でわかりやすいので参考としたい。これに…

なんで空気なんか読まなきゃいけないの

出展:Book on Book | AssistOn より アクリル製の本カバーですって。なんだかかわいいよね。 なんだかそんな気分なので結構、普通の話をしようと思う。 ・空気を読むことで僕らは何を得てるのか 近年の日本人にとって「空気を読む」という言葉は完全に市民…

承認欲求の向こう側

11月も終盤、いよいよ冬本番というのに鬱陶しい雨が続く。日曜日の夜ということもあり、非常にずーんとした気分に襲われる。週明けに控えているタスクを想像しては、ため息を吐く。調子が良い時には「ギター弾きたい、絵を描きたい、本を読みたい、文章書…

オタクになると決めた日。~15年前の誕生日の覚悟~

そろそろ、どうやら僕は28歳になる。社会人生活も若手ながらある程度長くなり、営業車で関東を駆けずり回る日々。一人暮らしの生活、給与明細を見てため息をつきながら、コンビニに月々の生活費を払い込む。最近唯一嬉しかったことといえば『魔法使いプリキ…

僕らはそろそろ思想を持つべきなのかもしれない。<米大統領選を経て読むべき本を考える>

あまり触れないほうがいいかなと思ってはいたけれど。考え事が溢れすぎたので整理がてら書くことにする。 ・「マック赤坂以下の大統領」 アメリカの大統領選の結果が出る数か月前のことだ。日本で働いているアメリカ人の友人に「実際、トランプって米国では…

不要資本主義のススメ

最近、出版物やテレビでも過重労働やら格差の問題など、資本主義経済自体が限界を迎えている、という話をよく目にするようになった。それに対して「じゃあ、果たしてこれからの将来って経済をどう考えればいいのん?」と壮大な考え事をしていたのだけど、ぼ…

人に読まれる文章ってなんなのさ。

「そんなそもそも論というか、承認欲求丸出しな文章を投げるんじゃありません!」と品格あるネット論者から怒られそうなものだが、ふと疑問に思ったので愚痴交じりに淡々と書きだす。 ・コミティアへサークル参加したけど全然人が来なかった 今日は創作オン…

新聞を毎朝とってみて思う、新聞に関するイライラ

最近、このブログを書くたびに季節が変わっている気がする。 寒すぎて風邪ひいた。てか今年も終わるなぁ。と12月のカレンダーに目をやると、今年は天皇誕生日23日(金)からクリスマスまで3連休。独り身で外出したら空気に殺される気がして、熱に浮かされつ…

98年の巨人ファンが今、横浜を応援してしまう理由

もうすっかり季節も変わり。あんだけ暑かった夏も過ぎ、気づけば上着を羽織らないと外も歩けない。寒い。秋は秋でも晩秋に近づく今日この頃。プロ野球ファンとしてはプレーオフが楽しみな季節になったということである。 これまで当ブログではやれ「オタク」…

「労働」と「宗教」に関するシンプルな話

ネット界隈のみならず、メディア各所でも取り上げられた電通の女子社員過労死の話題。 「いのちより大切な仕事はない」 電通過労死社員の遺族:朝日新聞デジタル なんていうか、自分もいち労働者として。この国ってやっぱり「組織」や「働く」という点で、ち…

オタとSFの現在についての話

伊藤計劃2作品を読んで、SF全般とオタクについて考え事。 晴れ間のない日々が続く。 小生の根暗さにより一層の磨きがかかる天候である。脳内会議では「予定もないのに外出などするものか!」と盛大なシュプレヒコールが起こる。ただ、食料もない我が家。週…

大人になれない僕らの言い訳をすこし聞いてください

「金色のガッシュベル!!」(C)雷句誠/小学館・フジテレビ・東映アニメーション www.animax.co.jpより ・アラサーなのに「大人」になれない 今回はタイトルそのまま。この歳になっても、まだ大人になれてないなぁと感じる機会が増えてきたという話。なので…

「女装ってキモい。」<気持ち悪さの本質を考える>

「キモいのはお前の女装であって、女装全般の話にするな!」って人、言いたい事分かるけど内容全然違うこと言ってるからとりあえず、本文読んでね。 ・女装はなぜ「キモい」のか 写真は僕が普段使っている化粧道具だ。なので特に外部から煽る記事というわけ…

僕らには既に催眠オナニーというVRがあるじゃないか。

なんだか季節はすっかり秋というのに、やけにじめっぽい気候が続く。今回は延々、催眠音源の話なので、なんていうか寛大な心の持ち主だけ、この先読み進めて頂きたい所存である。 <催眠オナニーという文化は元祖アダルトVRなのでは> 現在、幕張メッセでTGS…

で、結局オタクは死んだの?死んでないの?

結論から言っておくと「どう感じるかは人それぞれ」です。 「うわ、先に逃げやがって」とか「なんだよ煽っておいて」とか言われるかもしれないが、この議論は何十年も続いてる宗教論争であって「たまごとにわとり」の話同様にもう主張と反駁が自由に入り乱れ…

「障害者」と「健常者」ってなんだろう。<浦河べてるの家の当事者研究から>

ハマっている、という言葉が適切かどうかはわからないけど、関連書籍を一気に2冊も読んでしまった。もう10年前くらいの本なのだけど、今読んでも新しい。本当に読みやすい上、面白いのでおススメ。読んでみて。多少長くなりそうなので、丁寧に見出しとかつ…

かつてそこにガルテンというバーがあって。<アキハバラ雑感>

「ブラタモリ」というタモリがひたすら散歩するNHKの人気番組がある。確かもう6年から7年ほど前だっただろうか。番組開始当初、秋葉原が舞台になった回で、タモリがそのまとめにこんなことを言ってた。 「秋葉原という街は、変化を恐れない街なんだ」と。 …

「君の名は。」この項目に該当したらとりあえず見に行こう

お休みをもらった月曜日の午後。片頭痛がひどい。台風が近づいているようだ。それにしても、一回西行って、東戻って北へ。なんなんだあの「ちょっと時間潰してました」みたいな進路。台風までそんな気遣いをしたら、この国の気の利かない営業職勢は皆死んで…

ゴルスタ騒動と国際平和

最近、白髪が増えた。左のこめかみ辺りに急に。家の鏡を覗いた際に白っぽい事に気付いたが「洗面台の照明の関係だろう」と思い込んでいた。昨晩、会社のトイレでふと鏡を見たら同じところが白くなってた。結局、照明の問題じゃなかった。まごうことなき色素…