わがはじ!

めんどいオタクのブログ。同人誌もやってるよ。

冬コミC97新刊告知 シリーズ最終巻『ヒトとケモノとものがたりと』 

いよいよ「'00/25」シリーズ最終巻になってしまいました。 本ブログもいつ以来の更新だろうという話。確実に格ゲーのやりすぎですね・・・ただ、そんな中でも、ちゃんと冬コミ新刊は作っていたのです。マジでえらい。早期入稿常連勢として、入稿はもちろん終…

絶望とチープさを兼ねそろえた『三体』が問う「知」へのシビアな目線

kindle版なら『三体』も軽くて済むね 昨今、売れている本と聞いて、真っ先に上がるタイトル。それは劉慈欣(りゅう・じきん)の著作『三体』であろう。現代中国SFの最高峰との呼び声高く、先月ようやく早川書房から満を持して発売された。 wired.jp 3部作と…

『天気の子』感想~「面白い」と「好き」って違うよなという面倒な述懐~

映画『天気の子』公式サイトより 何かアニメや映画作品を見たときに。単純に「面白いか、否か」が「好きか、否か」に直結するわけではない。 過去から、ブログ内でもいろいろな作品のレビューなんかを書いてきた。その趣旨としては「作品を見て得た感情を、…

「曖昧さ」を絶望にしないための内省

國分功一郎氏『中動態の世界 意志と責任の考古学』落合陽一氏『デジタルネイチャー 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂』を読んで 冬のコミケの原稿に取りかかろうとしている今日この頃。天候も相まって気が重い。なにかしら思考を動かそうということ…

清竜人ハーレムフェスタに行って、堀江由衣の話しかしないオタクの述懐

清竜人10周年特設サイトトップ画像より http://www.kiyoshiryujin.com/kr10th/ ラノベタイトルな感じにしようと思ったのに、取調調書の概要みたいな題になってしまった。 ということで、5月25日(土)新木場コーストにて開催された「清竜人ハーレムフェスタ2…

権利と承認の幸福論~Twitter10年を考える②~

今年でTwitterのアカウントを作って10年になる。その中で、ネットの情報と触れ合いながら考えたことなどを取りまとめ、あくまでも根暗ベースで書いていくシリーズ第2弾。あくまでも持論です。今回はGW10連休の最終日に書き出したということもあって、いつも…

人生がわからなくなった時に読む個人的処方箋マンガ選

気づけば令和。前回から続けようと思っていた話題は、プロットが大きくなりすぎて一旦お休み、お茶濁しと文章を書くリハビリを兼ねて、久々にサブカル系を中心に漫画レビュー記事でも書きたくなりました。各作品「処方箋」ということで短めです。 ・「わから…

正しさの限界と未完成な自分~Twitter10年を考える①~

今年でTwitterを使い始めて10年になってしまう。便所の落書きも、10年続けば立派な病気である。そんなわけで、その10年を振り返りつつ、ちょっといくつかの論点から数回に分けて連続的に思いついたことを書いていくつもりだ。ネットやらそこらへんと自我の話…

格ゲーは「観戦」に耐えうるか

格ゲー観戦も悪くないもんですよ。はい。 春真っ盛りすぎて、正直暑い。このままだと予定より早く桜も咲いてしまう・・・人間ってわがままだよなぁって思いつつ、昨今にわかに熱を帯びてきた「e-sports」関連の話題を書いてみようと思う。ちなみに花見予定は…

『カメ止め』がつまらない、のは何故か考えてみた話。

春眠マジで暁を覚えなくなってきたこの頃。花粉も飛んで、仕事に身が入るわけもなく、月曜から生産性のない考え事をしていた。今回はめずらしくサブカル論評みたいな話題になりそうなので、各位は優しい心で受け止めてほしい所存です。 ・『カメ止め』好き?…

「上坂すみれのノーフューチャーダイアリー2019」で再確認した異常性と安心感

2.10 革命的ブロードウェイ主義者来襲に怪しく光る神奈川県民ホール そろそろ僕も大人なので、ちゃんとページのHTMLとか弄ってヘッダから既刊紹介ページに飛べるようにしてみた。さすが、超エライ、サイバーエクスペリメンツ(適当)。 ていうかこれまで数年…

若者の同人離れと「自惚れ」についての考察

「若い人が同人製作に新規参入しにくい。」 この手の話は頷くところが多い。最近、この類のツイートやら発言をよくネットで見るようになった気がする。昨日もこんなツイートが流れてきた。 『オタク若者の同人誌(製作)離れ』って先日アシさんたちが話してる…

一旦、コミケ参加をお休みしようと思いました。

画像クリックで既刊アーカイブページ「わがはじの!」にとびます もう3月。「え、早い。うそでしょ」とSiriに何回聞いてみても「今日は3月」と言い張るし、「歳をとりたくない」と言ってみれば冷淡に「そうですか」と帰ってくる。ダメだ、現代のAIには情緒…

間桐慎二くんから見たFateが案の定ツラすぎる件

キャプションに使うわかめ画像探したら「カットわかめ」っていうあからさまな商品名だったので、ちょっと自重しました。 今年に入りひとつ楽しみがあった。それは劇場版『Fate/stay night Heaven's Feel Ⅱ.lost butterfly』の公開である。時間は少々経ってし…

大人になった平成に思うこと

昔、何かで読んだ覚えがある。「人は弱気になると、過去を振り返りたくなる」そんなこと言われたら、日々過去の自分のツイートを眺めてみて「案外俺、面白いこと言ってるじゃん」など自分に対するフォローを続けてしまうのも、やはり弱気な性が原因か。まぁ…

COMIC ZIN振込の件から現在の「サブカル書店」の在り方について考える

新しい年となり半月ほど。すっかり2019年の空気に身体も慣れてきた頃かと思ったら、突然38度の熱を出し、お腹から色んなものが射出された先週。朦朧とする意識の中「このまま死んだら、ゾンビになってアイドルになる」などと譫言を一人言っていたものの、な…

オタクとして老い、死ぬ事を考える~町田メガネ『下流オタク老後破綻論』から~

C94で頒布されたコピ本Ver. 最新版はオフセット仕様があるみたいです。 正月は、無駄に意識やら心根を改める時期だ。これまでの自分の来し方を振り返り、そしてこれからの生き方を模索する。あぁ、これまでなんて膨大な時間を無駄に費やしてしまったのだろ…

声に出して読みたい射精『抜いた記録』で迎える新年

おそらく全国的に謹賀新年、年明けを迎えたようである。本年も引き続きしょうもないテキストを垂れ流しながら、また同人活動に変態的生活にと、それぞれ精進して参る所存なので宜しくお願いいたします。 そして、新年を迎えたということは、同時に冬のコミッ…

「面白さ」が分からなくなって。

まさに年末。C95サークル参加を翌日に控え、久々にここに文章を書いている。振り返ると、このはてなブログに移行してから、1か月以上更新を空けたことがなかったらしい。自分でもマメなもんだと驚いてはいるが、それほどにここ最近文字が書けなくなってい…

絶望に対するプリキュアという処方

いやぁ、めっちゃ良かった・・・ 街並みもすっかり冬支度を始め、道行く人もつられるように徐々に装いを厚くするそんな晩秋。プリキュアシリーズ15周年記念の秋映画『HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターメモリーズ』を見に行くことが出来…

台北を女装して歩いて感じたこと~初めての台湾旅行記~

案内してくれたウェンさんと僕 更新が1か月空いてしまった。いや、ちゃんと書こうと思っていたことはあるのだけれども。その中でも台湾旅行については書こうと思っていて。アジア最大級と謳われるLGBTのイベント「台湾同士遊行(台湾レインボーフェステ…

ギルティ始めて昇竜コマンドから人生を考えだすオタク

格ゲーにハマっている。自分でも多少驚くくらいハマっている。しばらくこのブログの更新頻度も下がっているが、確実のその一つの原因がこれだ。 先日、というか今年も最初の頃にこんな記事を書いた。家庭用格ゲーの世界大会「EVO」が日本で開催されたことを…

ネット上「叩き」の危うさの本質はどこに

風邪っぽい。頭痛がする。鼻水が黄色い。既に確定フラグな感じもするけど、せっかくバカみたいに暑い季節を乗り越えて、これからまた美味しいお酒飲むぜ!という時期になって、そんなことで足枷つけられたくない。自由気ままに生きていたい。ネットで周囲の…

『カメラを止めるな!』感想を超うだうだ書くので見てない人は読まないでね その②

今話題の『カメラを止めるな!』を観てきた。昨日に引き続き2回。普段映画を全く繰り返し観ない質の自分が能動的に2回行ってしまった。由々しき事態である。そんな感情も観た人なら理解できるかもしれない。繰り返し検証してみても、やはり面白い。カップ…

『カメラを止めるな!』感想を超うだうだ書くので見てない人は読まないでね その①

今話題の『カメラを止めるな!』を観てきた。 本当なら本作を視聴した友人らとリアルにワイワイキャッキャ感想投げ合いすればいいんだろうけど、いかんせん僕のメインコミュニティは脳内会議である。映画をひとりで見た昨日も布団の中でセルフ会議が盛り上が…

神保町とブートレッグの思い出

神保町の老舗CDショップ/レンタルショップ「ジャニス」がこの11月をもって閉店するとのこと。人が亡くなったり、店が閉店すると急に寄ってたかって語りだすこういう記事。ネットで見ていて辟易するのであまり好きではないのだけれども。それでも、このお…

C94の御礼と委託情報、今後のことについて。

毎年のことながら、夏コミも終わり。すっかりと晩夏を感じる今日この頃、でもなく、まだまだ暑い日が続いております。ていうか、もうさ。ゲリラ豪雨じゃないよね?南国で見るスコールだよね?もうこの国、亜熱帯だよね?と毎度のツッコミを感じつつお盆休み…

僕と秋葉原とフェチと(夏コミ新刊編集後々記)

もう気づけば夏コミである。そして心配されていた天候も、さすがは米やんといったところか。直撃コースの台風も何とか逸れていき、ボランティアの皆様に至っては、もう昨日となってしまった9日の設営日も比較的よい天候の中で作業できたのではないだろうか。…

夏コミ C94新刊告知『徹底して秋葉原を言葉から読み解く【アキバのコトバ】』特集

というわけで。夏もすっかり本番というか、暑さが完全にオーバーペース。果たして地球よ大丈夫かと不安になりながら印刷所のポータルを見たら、ほとんど印刷工程が終了しておりましたので、そろそろ夏コミ告知の時期と相成りました。地球も滅びることなく、…

理屈っぽい考え事が生み出すオタクのエコシステム

こんなところで延々文字を書いてみたり、あるいは同人誌なんかで好き勝手本にしてみたり。そういう事をしているとたまに、ちょっとしたdisなんかが飛んでくることもある。今日はそれに対するお返事というか、ふと沸いてきた反駁みたいなものを書き残したいと…