わがはじ!

めんどいオタクのブログ。

夏コミックマーケット

今日はいろいろやるというより告知的(´・ω・`) 

 

とりあえず、ちゃんとコミケ申し込み代7500円払ってきまし

たよという報告。

で、こちらがサークルカット

 

画像Camera 024

 

時間がなかったので、凝ることもなくほぼ一発。

うーむ。まぁ、評論だからそんなに凝らないでも大丈夫ですよね(自分フォロー

 

 

内容について。

先日の青風亭の帰り。

友人とカフェで色々語り合いました。

 

性癖、ロリコンとは何か、自殺論、宗教論、コンテンツ論・・・などなど。

結構、やりたいことがそこらへんから見えてきた感じです。

 

その中でも「批評」の存在価値という話は、掘り下げる必要があると感じました。

昨今ウェブによって誰もが批評家になれてしまうわけですが、

その目的性、価値はどこにあるのか。

 

批評は、表に出して批評ですし、

それによって人の価値観を固定化させてしまうという効果があると思います。

 

それは誰のためなのだろうかという疑問と、

真の批評の存在意義はなんなのだろうかという点に集約されるかなと。

 

ゼロ年代に対する批評に、対抗するひとつの手がかりになるかなと思います。

また色々な人と話す中で、きっかけを掴めたらいいなと。

 

もうちょい深くまとめたいのですが、

ライブ後なのでご勘弁を。

疲れました・・・_| ̄|○

 

とりあえず今日はこんなところで。

コミケは受かってるように。。