読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わがはじ!

めんどいオタクのブログ。

とりあえず時事的なことでも。

一日一度は更新を。

というのが今月の目標ではあるので何はなくとも書いてみる。

いや、なにはなくとも。なんてことはない!

久々に興奮した!もう今更なので書くこともないのですが

岡ちゃん!おめ!ヽ(`Д´)ノ

いや。98フランスのときの表情となんら変わりないのが凄い。

ポーカーフェイスって言うのか、単に表情のバリエーションがすくないのか・・・w

サッカーの技術的なことに関しては何も言いますまい。

甲子園にちょこざかしい解説がいらないのと一緒です。

あれこそスポーツだよな。

今までけちょんけちょんにいわれ続けた末での、勝利って。

なんだか、就活をしてきてとことん企業から祈られ続けて、

最終的に内定を勝ち取るみたいな道筋に見えてきて・・・(´・ω・`)

いやぁぐっときました。次は19日。オランダですね。

私自身の勝負は17日なので、日本代表が作ってくれたいい流れをそのままに。

しっかりと戦っていかなければならないですね。

ワールドカップの結果で株価とかGDP上がるんじゃないかなw

あとは、管直人政権にでも少しふれときますか。

表紙の挿げ替えで、あっという間に民主の風がまた吹いて来たわけですが。

参院選はどうなるのでしょう。

あまり政治の話などは、宗教とともに嫌われがちな日本ではありますが、

しっかりと、私たち同士が話していきたい問題です。

仲井間さんとの会談を見ていても、やってることは変わらない訳で。

投票という行為の重さを改めて感じます。

買い物をするにももうちょっと慎重になるでしょう。

自分の利益と、行為が直結しなければイメージがしにくいのは確かです。

やはりそこは想像力を働かせるしかありません。

去年の衆院選で明らかになったのは、

マニフェストが絶対のものではないということ。

ドイツでも重要政策であった減税がスルーされてしまい、

現在のデモクラシーに求められるのは、政治家の虚言を見抜く力になってきます。

様々なメディアがある中で、伝えてくれる印象、その言動。

私たち「市民」にはそれがどこまで本当のものであるのか。

というところまで考えなくてはならないのでしょう。

一国の首相が替わり、なにが変わるのか。

参院選まであと1ヶ月きりました。

どの党がいい、悪い。難しい選択です。

国民がその難しさを自覚できない限りは、

デモクラシーなんてくそみたいな制度でしかないのでしょう。

若い世代の一員として、少しでも抗うことができれば幸いです。

なんて固めのこと書きましたが。

頭の中では、目の前の自分のことに必死。

いやはや、どうしたものか。

また、日々のことを考えて書き続けていきたい次第ですな。

頑張ります。