わがはじ!

めんどいオタクのブログ。

今後のこととかを、考えてみた。

まぁ、サークルでやりたいことなんかがふと浮かんでくるわけです。

つっても現在大学4年。

崖っぷちなのは、重々承知なう。

それでも、ゆっくりと時間をかけてでも。

また人生の一部を使ってでもやりたいことってのが、

少しずつ見えてきた気がするので、その熱量だけでも彫っとこうと。

今やコミケは3日間で60万はゆうに人を集められるイベントなわけで。

まだまだ、あのエネルギーって使えるよなぁと。思うわけです。

特に評論ジャンルなんかのサークルさんを見てると、そのコンテンツのレベルだったり、

本気度に毎回驚かされます。

自分の専門について話し出すと止まらないんだこれがw

今回お隣さんは、サブカル系総合でちょっとミリタリが入ってる感じの

サークルさんだったんですが。

あさま山荘事件カップヌードルの関係性とか。

まぁ、ネタ自体は確かに有名な話ではあるんだろうけど、

そこを掘って、同人誌をつくろうっていうメンタリティ。これが素晴らしいと思うのです。

周りの有名どころでいくと、伊集院光深夜の馬鹿力まとめのサークルさん、

あとはオタク落語のサークルさん、オタデザさん、しょたけんさんなんかも凄いと思う。

空耳アワーをまとめていらっしゃる人もいて。

あの知識への欲求というか、あれを整理したら大変なことになるんじゃないかなと。

例えば、評論系同人誌を特集する同人誌を作ってもいいと思うのです。

そういったこともやっていけたら楽しいっていうか、

そのコミュニティで、でっかいこと出来ちゃうんじゃないかっていうのも。

ぐへへなどと考えを巡らせては楽しんでおります。

あと特集として考えたいのは「童貞力」など。

童貞ソーヤング。懐かしいですね。

青春ドパンク系は、あまり好きではなかったのですが、

20越えてみて、聴くと逆に染みます。

あれは10台で分かることじゃないです。一発やるまで(ry

つまりは本気なのです。

その勢いは、何を生み出すのか。

AV、エロ本を始め、エロ文化や萌え文化など。

童貞だからこそ生み出せるものってあるんじゃないか?

などとみうらじゅんみたいなことを言って見ます。

やばいな、本当にサブカルチャーだなこれ。

ちょっとベタベタすぎるか。

あんまし、若いってやだけどいいね!的なことにはしたくないですな。

あとは、本当に個人的な興味の下、着ぐるみ関係についても書きたい。

コスプレってそもそも、なんでしたくなるの?っていう根幹から攻めていって、

異装が生む感情を掴みたい。

そして、僕もお世話になる着ぐるみフェチってなんぞやっていう部分にも。

これはあまり過去にはないんではないかと思うのだけれど。

人口は着々と増えているらしい・・・ミクシイなんか見てるとそれがもう露骨にw

それでもまだ少数派である着ぐるみ派閥。

人型だったり獣だったり。

いや、あれをエロいと感じる気持ちは、一般なのかな。

着たいと思うのは、なんなんだろうか。

自分が中学生の頃に考えたことを振り返って。

あとは実際着ている人にも話を聴きたいよなぁ。

未だ、至らぬ自分からの視点も混ぜつつ語ってみたい。うむ。

ぶっちゃけ雑誌で言うとTHみたいな特集ではありますね。

そこからゴシック引いてロジックぶち込んだイメージに出来れば。

楽しそうですねー。

太田出版とか青林とか、あれ以上のアングラ感を出しながら、

ネームバリューなしで、しっかり売れるのは同人界のみかなと。

いや、まずはそこでちょっと覗いてみるという感触ですかね。

そこからどこまでいけるのか。

試してみたいです♪

状況は鬱的だけれど、こういう野望というか、内に内に向かうパワーを

一気に放出する作業が同人誌作成なのかなぁなどと思ったりしてます。

まぁ、気長にやりたいことをここに書きながら。

絵も、時間が出来たら描きたい・・・

工場とかそういう細密みたいなのと女の子をひたすら描きたい・・・

まぁ、今日はそんなところで、まとまってはいないですが。

はい。失礼しました。