読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わがはじ!

めんどいオタクのブログ。

コミケ受かったらどうしようと焦らないための日記。

毎度言っている気がしますが、月日が経つのは早いものであります。

気付けば10月。

食欲の秋、スポーツの秋、睡眠の秋。

何をするにも適当なこの季節、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

前回の夏コミにおいて次回申し込みをしてしまった人については

「次のコミケまで3ヶ月切った」

という事実を鼻先に突きつけられていることと思います。

私としてもその例外ではないわけで・・・(´・ω・`)

まぁ、人というものは締め切りというゴールを設けなくては

動き出すのも難しい生き物であります。

ということなので、ひとつ11月までを目処に、

企画書くらいは作っておこうということで只今思案を巡らせている所存です。

今回自分が申し込んだジャンルは評論。

C78で配布した「00/25」という雑誌らしきもののvol.2でも作れればと。

一応考えている企画はいくつかありますが、その中でもやりたいのは

岡崎律子さん特集です。

アキバものやフェチ討論的なものも考慮内ではあるのですけど、

まぁ、他のサークルでもそれはやる可能性があるので、優先度は低目かなと。

このリッツソング特集は、音楽雑誌に凄いやって欲しかったのですけど

やってくれない。

MUSIC MAGAZINE 、ユリイカあたり。どうなんでしょうとか思う前に

もう自分でやってみよう。とふと思ってしまいました。

DIY精神でなんとかなればいいな・・・

ということで、何で今岡崎律子さんなのかといえば。

彼女が亡くなったのは、2004年の5月5日。

今年は7回忌にあたる年でありました。

今日は、当時よりもアニソン、ゲーソンの地位が上がり、

様々なカルチャー系雑誌媒体でも、

ボカロ文化や菅野よう子さんや梶浦由記さん等々を取り上げる中で。

岡崎律子さんの存在が、化石のように。

7年前からピタリと止まってしまっているのではと感じていました。

まぁ、個人的な感慨が大きいので、このような表現になってしまっていますが、

改めてアニメソング、ゲームソングという枠の中で輝く、

彼女の楽曲を振り返る機会を設けてもいいのではと。

どの立場で言ってるんだと言われようと、

やりたいので、やってみたいと思います。

個人アルバムを始め、アニメのトラック集、楽曲提供、メロキュア時代など。

それぞれの作品のレビューをしつつ、

今だから振り返る価値があるというようなものに出来ればと。

そのように考えています。

それ以外の企画については、また追々。

受からなければ、また他のサークル間借りして、

ふぃちい漫画でも描こうかなとか。

多分そっちのが需要はあるかと思うんですけど・・・(´・ω・`)

やりたいことをやって、学生最後のコミケに出来ればなぁ。

そんなこんなでパンクしないよう、また体調にも気をつけつつやっていければと

思っている秋の夜長でありました。ではでは。