わがはじ!

めんどいオタクのブログ。

編集中記

こういうのは編集後記として書くやつだろ。

とか思いつつも、我慢が出来ずに書いてしまいます。

今回は特集のひとつとして「アキバの「性」地を巡る!」

みたいなことを掲げて最初はスタートしたのですが、

本当にお店の変遷が激しいのなんのって・・・

そういう街だとは理解してはいるものの、

エロ古書関連なら、Dカルトに始まり、新宿書店や、今回ダンジョンブックスも。

ブルセラなら、えなじぃが数年前に潰れ、今回「着衣済み衣料専門店、秋葉堂・純」も

コスメイト系に吸収されているという状態。

更には、ついこの前まで営業していたコスメイト秋葉原店が、コスメイトplusに統合される、

など波乱続きでした。

電凸で、門前払いというお店も当然あって、

実際、ネタとしても、モチベーションも結構窮地でした。

そんな中で、今日伺ったヒロイン特撮研究所

電話させていただいた時点で

「そういう撮影などフリーにしてもらって構いません」とこの懐の大きさ。

扱ってるジャンル的にフリーで大丈夫なのか、

というこちらの不安も一瞬で消滅するほど、

店員の方がそれぞれ好意的に接してくださり、レーベル共に更にファンになってしまいました。

またオーロラから見ないとな・・・(何

その中で、店員さんとお話させていただいてもやはり

「(アキバも)小奇麗になってしまって、ちょっとつまらなくなったなぁ」という話も出て。

ですよねぇと。

メイドのリフレやデート商法が増え、なんだか新橋感も否めなくなってきた秋葉原

んーむ。

今回の同人誌では、比較的簡易ではありますが、

まだ残っているちょっとニッチな場所や、

また新たに作られているワンダーなスポットをいくつか紹介しますので、

そちらも楽しみにしていただければと思います。

まだまだ、修羅場が続くので油断は全く出来ない状況ですが、

色々と燃料は仕入れられた今日この頃。

ひとつ齢を重ねた、ということを前向きに捉えたい初冬の誕生日でした(。- _ - 。)