読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わがはじ!

めんどいオタクのブログ。

日の目を見ないラフ

もうすっかり夏本番といった感じで。蝉の鳴き声も、そろそろ耳に馴染んだ頃ではないでしょうか。WFもひと段落し、来週からはいよいよコミックマーケット84。オタクたちの熱も徐々に滾ってきているのがTLからも感じ取れます。

 

親にオタバレしてなかった頃は、母親からの「どこいくの」との問いに、

 

「海の方に行く」

 

という非常に曖昧な行き先提示をしていたことをぼんやりと思い出しました。

 

また巷では、花火に海水浴と夏のレジャーが真っ盛りとワイドショーあたりで特集されていますが、僕らにとってそんなものは縁遠くて。そんな日の目にあたらない僕らの夏の思い出とか色々考えてPC整理してたら、仕上げもせず、そのままピクシブにも上げなかったようなラフ絵がフォルダに結構残っていることに気付きまして。

 

今回はそんなラフ絵を、日陰の夏を過ごしている同士の方々全般に送ります。ほんとラフなんで見づらいのはご愛嬌で。

 

霊夢さん

 

おふとん

 

多分、冬頃に描いた絵かと思います。

なんか布団が恋しくて、布団と結婚する!みたいなツイートをTLで観て描きたくなったのかなと。可愛いレイヤーさんとかがそういうこと言ってると、俺ってやっぱし布団以下なんだなというか、そういう人としてのぬくもりとかそういうものにも欠けてるし、一人の女性も暖められないような度量の狭い人間なんだなって。

 

そういう卑屈さを感じながら、あんましTL見続けるのも精神衛生上よくねえな。とか思いつつ描いてた思い出です。多分、そんな暗いこと考えてたんで、仕上げなかった気がします。

 

②男の娘×スク水企画

 

rakugaki.jpg

 

ツイッターにはあげたんですが、こんな男の娘写真集が欲しいという個人的な欲求がだだ漏れの一枚です。素の男装状態と、スク水女装状態をコントラストとして配置することで、より女装という行為の可能性をグッと広げられるんじゃないかとか。

 

またスク水という個を引き立たせるには最上の素材を使う事によって、僕らは、本当の男の娘というものの魅力を再発見できるのではないか。「sukumizu」「school girl complex」等の写真で有名な青山さんに是非、撮っていただきたいテーマだなと。以上、個人的な性的プロパガンタでしかなかったため、ラフどまりなんでしょうね。

 

 

③姉弟強制女装SM

 

SM.jpg

 

表題の通りの分かりやすいシチュですね。ふとこういうSMもの描きたいなと。犬メイド扱いで公園に散歩して、調教。「あー汗かいちゃった。舐めて。」みたいな完全にIQが低めな、SMプレイ。そういうのって意外と嫌いじゃなくって、人としての思考力からかけ離れてしまったところで、快楽におぼれるってよくあるテーマだとは思うんですけど、逆に人らしくて好きなんですよね。

 

これに関しては、書き込みがかなりないとしっかりした絵にならず、描きだしたときがどうも忙しくって、後回しにして気付いたら、お蔵入りしてたみたいなラフです。まぁ、いつかは仕上げたいなぁとか思いつつ。こういうプレイも見てみたいな( とか思いつつ。

 

 

④ケモきぐバイト延長戦

 

rakugaki2.jpg

 

これはさっき描いたので、まだラフという感じ。「あっついな・・・なんか絵を描くか。」で出来上がったこのケモバイト女子。ちょっと反抗的なのは、本来のシフトよりも1時間延ばされてしまったため。そんな妄想とか浮かんでくると、やっぱし夏なんだなと実感しますね。

 

体験もないので、語ることも出来ないんですけど、やっぱしこう暑い中で、ケモキャラを演じてるっていいですね。自我を失うというか、失わざるを得ない状況下で可愛く振舞う。みたいな。なんか古典的な着ぐるみフェチみたいなこと言っててアレですけど、何年経ってもそういう感情って拭い去れないもんですね。哀しいけど、これ業なのよね・・・みたいな。

 

まぁ、そんなところで、ラフ絵振り返り回でした。今月からは、ミシンを購入したためゼンタイ製作にも手を付けてみたく。製作日記みたいなことも出来たら、もうちょっとコンテンツとしてまだ読んでくださる方の有用性というか、生産性のあるブログになるんじゃないかなと。

 

非常に狭い世界ではありますが、そういう需要もきっと。僕自身が、ずぶの素人のためどう作っていくかという方針から考えなくてはならず。そうした1からのスタートも含めて書いていければなとか。真面目ぽく書いてますけど、アレな日記になることは確実ですので、またそういうタイミングあれば更新したいと思います。ではではー。